社長訪問記 長野県にお住いの山本芳子様

第40回社長訪問記今回お邪魔させていただいたのは、長野県にお住いの山本芳子さん(85歳)です。お邪魔した日は猛暑日だったのですが、道中に見えた山の山頂には雪がまだ残っていて驚きました。
さて、山本さんは現在息子さんご夫婦とお孫さん、それにかわいいワンちゃんの4人と1匹暮らし。今の家に来る前は、なんと山の奥地にお住まいでした。その時の生活ぶりは、今では考えられないほど過酷だったそうです。

畑や田んぼに向かうため、重たい農具を担いで整備されていない急な山道を上り、帰りは更に夜に食べる分の野菜も持って坂を下るといった毎日。また、衣類も買えなかったので、羊を飼ってその毛で洋服を自分で作っていたというのですから本当にすごいですよね。こういった生活をしていた方にお会いするのは、生まれて初めてですよ。

そんな山本さんのご趣味は、野菜を育てる事。できれば、お茶を飲みながらテレビをずっと見ていたいそうですが、ジッとしていることができない性分とのことで、気づいたら畑に出て野菜を育てているのだとか。山本さんが作ったお漬物を頂いたのですが、野菜の旨みが感じられて、とてもおいしかったですね。

山本さん、楽しいお話をお聞かせいただきありがとうございました。いつまでもお元気で、おいしい野菜を育ててください。

左:元気堂代表 植松芳治
右:山本芳子様