社長訪問記 東京都にお住いの木村さんご夫婦

第30回社長訪問記今回お邪魔したのは、東京都にお住いの木村さんご夫婦です。

今回は東急電鉄の池上線という電車に乗って向かいました。電車を待っている時、ついつい懐かしい西島三重子さんの「池上線」という歌を口遊んでしまいました。歌もいいですが、車内から見える風景は、東京にいることを忘れさせるくらい懐かしい景色でしたよ。駅の近くには、昔ながらの商店街がありました。魚屋さんやお惣菜屋さんからはとてもおいしそうな匂いがしたので、おなかが空いてしまいましたね。

さて木村さんご夫婦は、息子さんと3人暮らし。家の中にはかわいい愛犬がいて、私がお邪魔すると1番にかけつけて歓迎してくれました。

お二人は、同じ会社に勤務していました。昇さんは長野、美恵子さんは東京。働く場所は違いましたが、会社の登山交流会で出会って交際がスタートしたそうです。当時、長野から東京に出るのはとても時間がかかり、6時間もかけて会いに行っていたんだとか。しかし、昇さんは長時間かけて会いに行くのは、あまり苦だとは思っていなかったそうですよ。そんな昇さんの優しさが、木村さんご夫婦の円満の秘訣なんだと思いましたね。

木村さんご夫婦の共通の趣味は卓球。昇さんは学生の時から、美恵子さんは結婚してから、卓球をやっているそうです。2人とも実力は折り紙つき。特に昇さんはプロ顔負けの技術を持っているようです。卓球のコーチもやっていて、昇さんの個人レッスンを受けにくる人が大勢いるそうですよ。この共通の趣味である卓球はこれからもずっと続けていきたいと話していました。木村さんご夫婦の姿がとても若々しく元気に見えたのは、きっと2人の趣味である卓球を続けているからなんでしょうね。昇さん、美恵子さん、これからもお元気でいてくださいね。

左:木村昇様
中:元気堂代表 植松芳治
右:木村美恵子様