社長訪問記 埼玉県にお住いの渡辺志枝子様

第27回社長訪問記今回お邪魔したのは埼玉県にお住いの渡辺志枝子さん(77歳)です。

埼玉県の中心部から北東に約一時間程、車を進めて久喜市に入っていくと、のどかな田園風景が広がってきました。志枝子さんのご自宅は栗橋駅近くの商店街にありますが、やはりこの商店街もシャッターが閉まっているところが多く活気がないのが残念に思いました。

志枝子さんはここ栗橋に生まれ育ちました。20歳ころには築地や銀座などで働いていたこともありました。その後、地元に戻り仕事をはじめたころ親戚でもあったご主人の家に遊びに行っているうちに、ご主人のお母様から息子と結婚してくれないかと頼まれ結婚したんだとか!その時、ご主人は40歳、志枝子さんは23歳だったそうです。だいぶ年の差があったんですね。

ご主人のお仕事は自転車屋さん志枝子さんは勤めに出ていました。その後、ご主人が病に倒れ入院、お姑さんも寝たきりになり、志枝子さんは2人の看病をすることになってしまいました。69歳でご主人が他界した後がまた大変でした。家業の自転車屋さんを継ぐことになったんです。まったく素人の志枝子さんは知人の自転車屋さんに聞いたり、自分で勉強して覚えました。52歳から15年間やりました。看病と仕事、本当に苦労しましたね!

今は畑の草取りをしたり、お友達と出かけたりとのんびり過ごしています。志枝子さんはこれからは無理せずいつまでもお元気でいたください。

左:元気堂代表 植松芳治
右:渡辺志枝子様