社長訪問記 東京都にお住いの雨宮久子様

第25回社長訪問記今回お邪魔したのは、東京都にお住いの雨宮久子様(79歳)です。

この日は6月としては8年ぶりの台風4号が去った次の日で、非常に蒸し暑く気温も30度に迫ろうかという日でした。雨宮さんのお宅は市の中心から少し離れた、緑に囲まれた静かな住宅街にあります。久子さんは8年前にご主人を亡くされ、現在は息子さんと2人暮らしをしています。

ご主人と久子さんは共に私と同じ山梨県の出身で、昔の懐かしい話に花が咲き私も嬉しくなりました。仕事柄転勤の多かったご主人は仕事とお酒をこよなく愛し、いつもお酒を飲みながら仕事の話をしていたそうです。「まぁ頑固一徹な人でしたよ。」と懐かしそうに久子さんは言います。3人のお子さんも独立して、お孫さんも4人「お正月には勢揃いして大変にぎやかになるんですよ」と久子さん。お孫さんの成長を楽しみにしているんでしょうね。

そんな久子さん趣味として大正琴や太極拳を週に数回行っています。大正琴はお仲間と全国大会にまで出場しています。また写真を拝見しましたが、太極拳をしている時のお顔は凄く生き生きをしていました。「頑固で昔かたぎの主人には色んなことをさせてもらえなかったんです。だから今はどんどん外に出て好きなことをしています。」そう、おっしゃる久子さんのお顔は79歳には見えないくらいとても若々しく見えました。久子さんいつまでも若々しく元気でお過ごしください。

左:雨宮久子様 右:元気堂代表 植松芳治