社長訪問記 山梨県にお住いの篠原いさを様

第22回社長訪問記今回お邪魔したのは、山梨県北杜市にお住いの篠原いさを様(72歳)です。

北杜市は北に八ヶ岳、西に甲斐駒ケ岳と綺麗な山々に囲まれた自然豊かな環境です。この日も良い天気で、雪を頂いた二つの山がとても綺麗でした。遠くに富士山も見えていましたね。

いさをさんは、北杜市の生まれで、三十数代続く神社の宮司をしていた進逸さんのところに嫁いで来ました。結婚生活45年を迎えられたそうです。いさをさんも宮司の資格を取得してお二人で神社を守ってきました。そんなご主人が20年前に病に倒れ、いさをさんは介護と宮司の仕事の両立で大変だったと思います。現在は息子さんが後を継いでくれています。いさをさんもひと安心な様子でした。

72歳になられたいさをさんですが、とても元気で活動的なんです。地域の方々とソフトバレーボールをし、子供たちに浦安の舞やお習字も教えています。凄いですね。

「この元気の源は何ですか?」とお尋ねすると、「食べるものに気をつけているんです」と言う。できあいの物は一切買わず、全て手作りだそうです。言うのは簡単ですが、中々出来ることではないですね。今の時代、お惣菜はいくらでも売っています。そこに、いさをさんの強い信念とこだわりを感じました。

ご主人の介護も大変ですが、いつまでもお元気で神社を守っていってください。

左:篠原いさを様
右:元気堂代表 植松芳治