社長訪問記 静岡県にお住いの青田幸様

第19回社長訪問記今回お邪魔したのは、静岡県にお住いの青田幸さん(85歳)です。

場所はほぼ伊豆半島の真ん中で、緑の山々に囲まれたのどかな所です。築100年は超えるという趣のあるお住まい。現在は一人暮らしですが、近くに娘さんが2人いるので寂しくも不安も全くないそうです。

さて、2年前に他界されたご主人との馴れ初めは、お二人とも農協に勤めていての職場結婚だったそうです。22歳で嫁いで以来、お舅さんと農業を50年以上やってきました。お舅さんは狩猟が趣味で、捕った獲物を囲炉裏で鍋にして仲間と夜遅くまで酒を酌み交わしていたそうです。今では懐かしいことだとお話してくれました。

嫁の幸さんにとっては、大変だったと思います。「お嫁に来て60年以上、本当に色々なことがありました」と話す幸さん。幸さんの元気のもとは、近所の人と毎日時間を忘れるほど、おしゃべりすることだそうです。毎年暮れには忘年会、年が明ければ新年会と、すべて段取りを幸さんがするそうです。凄いですよね!

趣味もいくつかお持ちで、お花を育てたり、自分で着る服を編んだりしています。今は曾孫さんもいらっしゃって、「お正月に勢ぞろいするとにぎやかですごいですよ」と、笑いながら話す幸さん。本当にいつまでもお元気でいてください。

左:青田幸様
右:元気堂代表 植松芳治