社長訪問記 静岡県にお住いの緑川スマ子様

第16回社長訪問記今回お邪魔したのは、静岡県にお住いの緑川スマ子様(79歳)です。

この日は台風が去った翌日で、からっとした素晴らしいお天気でした。スマ子さんは現在ひとり暮らしですが、79歳にしてお家の中はきちっと整理されていますし、お庭もお手入れが行き届いているのには驚きました。

4年程前にご主人に先立たれ、息子さんも県内の別の市の方で暮らしているそうです。「息子は月に一度はお墓参りで顔は出すけどね」とスマ子さんは言います。寂しくないですかとお尋ねすると「全然寂しくありません」と答えが返ってきました。

「近所の方がいつも良くしてくれるんです。買い物には行ってくれるし、家にも遊びに来てくれるんです」。時には心配になって夜に電話もしてくれるそうです。また学生時代のお友達とも今も交流があり、年に数回会うのが楽しみだそうです。

お話を聞いて思ったのは、やはり緑川さんのお人柄なんだろうなと感じました。周りが放っておかないんでしょうね。お友達と会う以外に楽しみはありますか?と伺うと読書と写経を十数年やっているんだとか。「読み書きをしないと字が下手になっちゃうし、書くことでとても心が落ち着くんです」とスマ子さん。素晴らしい趣味をお持ちですね、いつまでもお元気でいてください。

左:元気堂代表 植松芳治
右:緑川スマ子様