社長訪問記 山梨県にお住いの床井照子様

016今回お邪魔したのは、山梨県にお住いの床井照子様(61歳)です。

この日はあいにくの雨で、綺麗な富士山は見ることが出来なくて大変残念でした。床井さんとは5年ぶりにお会いしましたが、まったくお変わりなくお元気で本当に嬉しく思いました。

床井さんは15歳のときにお父様を亡くされました。その時お父様が経営していた理容業の後を継ぐことになったんだそうです。普通の高校に行く予定が、理容学校に入り卒業後は修行を重ね21歳の時に職人として、お父様が残されたお店の後とりとなったのです。以来40年間ひとりでお店を守り続けています。良き時代もあったとは言え、女ひとりでお店を続けていくには、大変なご苦労もあったことと思います。

『体が動いて、お客様が来てくれるあいだはずっとこの仕事を続けて行きたい』とおっしゃっていた床井さん。生涯現役を貫いて行ってください。1時間くらいお話を伺っていたのですが、その間ずっと立っていらっしゃいました。お仕事柄立っているとはいえ、凄く足腰はしっかりしていらっしゃる。素晴らしいことですね!

床井さんの今の楽しみは、長く続けている社交ダンスと仕事の後の晩酌だそうです。いつまでもその楽しみを続けていってくださいね。

左:床井照子様
右:元気堂代表 植松芳治