社長訪問記 長野県にお住いの山﨑三千子様

第14回社長訪問記今回、お邪魔したのは長野県にお住いの山﨑三千子さん(71歳)です。

長野県のほぼ中央に位置したのどかな農村地帯です。山崎さん宅も40年近く、りんご農家を営んでおります。創めは広大な土地の中にりんごの木を植えて、出荷するまでには数年掛かるということでかなりのご苦労があったようでした。

また、りんごは年間を通して世話をしなければいけないと言うことです。お伺いした少し前に1年で一番大変な作業を終わらせたばかりだったとおっしゃっていました。70歳を過ぎてもご夫婦で現役バリバリです。この日は残念ながらご主人にはお会いすることが出来ませんでしたが、大変お元気だということでした。

三千子さんご自身も足取りは軽いし、立ち座りもスムースでさすが現役。本当に驚きました。りんごの他にも昨年まではトマトも栽培していたということで、100%トマトジュースもいただきました。とっても美味しかったです!ご馳走様でした。

現在はご主人、お嬢さんと3人暮らしです。りんご栽培は大変なお仕事ですが、いつまでもお元気で、美味しいりんごを作っていってくださいね。また、三千子さんのご主人と同じように、お嬢さんに良いお婿さんが来ると良いですね。

左:元気堂代表 植松芳治
右:山崎三千子様