社長訪問記 山梨県にお住いの渡辺央様

第5回社長訪問記今回お邪魔したのは、山梨県甲府市にお住いの渡辺央様(65歳)です。私事ですが、山梨は私が生まれ育ったところでもあります。甲府盆地は日本でも有数の暑い地域ですが、お伺いした日はたまたま日差しが無く過ごしやすい日で大変助かりました。

渡辺さんは20年程前に東京から山梨に引っ越してきたそうです。東京での生活は20年間、ご夫婦で商売をしていたと言います。目が廻るほどの忙しさで睡眠時間も十分には取れず体は限界、これ以上続けていたら体を悪くしてしまうと思い惜しまれながらお店を閉めて奥様の故郷でもある山梨に引っ越してきたんだとか。

この話の中で、ご主人の言葉が印象的だったのは「普通の生活をしようよ」だったんです。日々の忙しさで、心にゆとりみたいなものが無かったのでしょう。現在の生活は、うどん屋さんを営んでおり、ゆとりを持った生活が出来ているようです。とにかく明るく元気なご夫婦で、個々の趣味を楽しんでいます。当然、身体のことも考え、しっかりケアをしているのがよく分かりました。今度、お邪魔したときは、是非うどんを食べてみたいと思います。いつまでもご夫婦二人三脚でご商売を続けていってください。

左・中:渡辺様 ご夫婦
右:元気堂代表 植松芳治